2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【神降臨】CSV-S55/CSV-S57/P500 TiVO系 Part3

1 :1:04/03/02 01:25
CSV-S55/CSV-S57/CSV-P500 チャンネルサーバー パート3

ダメポンの名前も高らかに、忘れたころにやってきた
HDD換装技、Linux改造そしてついに!

前スレ
【他人】チャンネルサーバーCSV-S55 Part2【空似】
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/sony/1024573335/
チャンネルサーバーCSV-S55(クリポンとは違うぞ)
http://caramel.2ch.net/test/read.cgi/sony/1018853148/


2 :1:04/03/02 01:26
関連リンク
プレスリリース CSV-S55
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200204/02-0415/
プレスリリース CSV-S57
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200209/02-0930/
プレスリリース CSV-P500
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200305/03-0508/
カモン!マイキャスター
http://www.mycaster.jp.sonystyle.com/



3 :1:04/03/02 01:28
S55,S57,P500は
「TiVO シリーズ2」ベースなんだそうです

増設法の基本
http://www.tivofaq.com/
http://www.tivofaq.com/hack/
コピー用Linuxツール
http://www.newreleasesvideo.com/hinsdale-how-to/
TiVo FAQ
http://tivo.samba.org/
TiVo Hack How−To
http://tivo.stevejenkins.com/network.html

Linuxソース
http://www.sony.net/Products/Linux/Download/CSV-S55.html
http://www.sony.net/Products/Linux/Download/CSV-P500.html
Kernelコンパイル法
http://www.dealdatabase.com/forum/showthread.php?t=27298&highlight=kernel
別カーネル起動
http://alt.org/forum/index.php?t=msg&th=74
TyStudio
http://dvd-create.sourceforge.net/tystudio/


4 :It's@名無しさん:04/03/02 10:32
>>1-3
お疲れさまです

5 :It's@名無しさん:04/03/03 21:00
>>WPCにコクーンコーナーがあったんで、開発者に聞いてきた。

>>P500は設計がまったく違うので、DVD書き込みには対応できないそうです(;_;)

>>理由の一つにP500だけは、HDDの中にあるデータが通常のMPEGではなくて、暗号化されているため、そのデコーダ回路がPC側にも必要になるからだそうです。
>>EXシリーズはMPEGデータがそのままらしい。

>>あと、地上波デジタルは対応を検討中だけど、具体的な予定は無いそうです。

>>デジタル対応の端子かと期待していたサービス端子は、本当にサービス用というか、サービスセンター用で中身はUSB端子で、中身が壊れているかどうかの判断しか出来ないそうです。

>>開発者いわくP500は、廉価版なんで機能が必要な場合は、EXシリーズに買い換えてほしいらしい。

6 :950:04/03/04 18:20
>>1-3
ありがとうございます。

>>985
すいません、間違えてました。
TiVo Hack Hou-TOなんぞみて、いけるじゃんとか思っていたのが間違い。
でてましたねこれ。

CDブートでhd7.hd9確認できました。
hd7いじっても書き換えられるのも経験・・
となるとやっぱクロスコンパイラーが必要なのですね。

>>968
すいません、クロスコンパイラーは
TiVo Utilities の
usr.local.mips-tivo.tar.bz2使いました?


7 :918:04/03/05 10:42
>>6
クロスコンパイラーは、buildしました。

今、漏れのインストールメモをまとめているから少し待たれ。

8 :950:04/03/05 11:37
>>7
わーい
ありがとうございます。

今、binutilsやらgccやら拾ってきてます。

9 :918:04/03/06 00:16
間借りする場所がやっと見つかりました。
http://www.three-r.org/p500918/
私のメモをまとめ、途中経過をアップロードしました。
間違えがあったら連絡してほしい。 ここ見てます。

一番重要な、How to get bash promptは、使ったツールのライセンスを
確認中です。 
P500のカーネルはアップしてもライセンス上は問題ないはずですよね。
腸炎再発でダウン中なので少し遅れるかも。 

10 :950:04/03/06 11:40
>>9
私のやってたことはぜんぜん違うみたいでした・・

まず、見られるファイルシステムを増やさないといけないのですね。
さっそく、見ながらやってみます。ありがとうございます。

体、気をつけてくださいね。


11 :918:04/03/06 21:51
>>10
p500でリモートログインできるまでを書きました。
書き換えが必要なファイルは全て添付しました。

書き換え済み、 runmonte と hacked kernelを入れておいたので
クロスコンパイル環境を作らなくても、TiVo series2 用 bootcdrom
さえ用意すれば出来ると思います。

出来なくても文句を言わないひとだけ試してみてください。

12 :It's@名無しさん:04/03/07 00:23
>>918
早速ダウソさせていただきました

もう1台160G以上のHDDが必要になるのか
明日買いに行かねば


13 :857:04/03/07 00:25
>>9
グッジョブです

私も一から見直し。。


で、リモートログインのページで
>#dd id=/dev/hdc7 of=/dev/hdc4
は idではなくifですね。

ところがどっこいS55はhdX7が真っ白なので
またやり直し。
この違いはどっからくるのやら・・・

14 :918:04/03/07 01:04
>>13
直しておきました。

全レスで、s55の人で /dev/hdX7 をマウントできた人がいたと思った
けど私の勘違いでした?
とりあえず、bootpage -p /dev/hdX の root=が最初にマウントされる
rootですので調べてみてください。
クロスコンパイラですが、build出来ているのがあるが、もう一回buildして
手順を書こうかと思ったらbuild出来ねぇ。

>>12
p500はあれだけで出来ると思うので、出来たら報告してほしい。
本体のをいきなり書き換えてもいいけどリスク大きすぎると思う。
バックアップの手順を間違ってたら、終わりですからね。

15 :It's@名無しさん:04/03/07 02:58
結局、クロス環境も立ち上げました

適当なLinuxマシンに
rootのホームディレクトリからrootで
usr.local.tivo-mips.tgz とcsv-P500-3.0-linux-2.4.tar.gzを
持ってきて、下のスクリプトをsourceで食わせれば
コンパイルまでやってくれます

TV_FEATURE_STRONG_CRYPTO=0
で cryptoのエラーが出なくなるようです

depmodはP500側でかければいいので、消しました

合ってるかな???


16 :It's@名無しさん:04/03/07 02:58
tar xvfz usr.local.tivo-mips.tgz -C /
tar xvfz csv-P500-3.0-linux-2.4.tar.gz
cd /root/linux-2.4
mkdir root_tivo
mkdir root_tivo/lib
export ROOT=/root/linux-2.4/root_tivo
export INSTALL_MOD_PATH=${ROOT}
export INSTALL_PATH=${ROOT}
export TV_FEATURE_STRONG_CRYPTO=0
export ARCH=mips
export CROSS_DIR=/usr/local/tivo-mips
export NATIVE_CC=/usr/bin/gcc
export CC=/usr/local/tivo-mips/bin/gcc
cat <<EOF | patch ismdefs
12c
#include \$(ROOT)/include/make/commondefs
.
EOF
cat <<EOF | patch Makefile
161c
DEPMOD = echo
#DEPMOD = /sbin/depmod
.
EOF
make oldconfig
cat <<EOF | patch .config
101c
# CONFIG_BLK_DEV_INITRD is not set
.
EOF
make dep vmlinux.px modules modules_install


17 :It's@名無しさん:04/03/07 03:04
かっこ悪いので修正

3行目
cd linux-2.4
6行目
export ROOT=${PWD}/root_tivo



18 :It's@名無しさん:04/03/07 03:07
cygwin上で同じようにCompileかけても
make dep が、 Error 255で落ちてしまう
これは、ちょっと解析無理っぽい

Windowsでできれば、楽なのにねい


19 :857:04/03/07 03:51
S55で
#pdisk -l /dev/hdc

Partition map (with 512 byte blocks) on '/dev/hdc'
#: type name length base ( size )
1: Apple_partition_map Apple 63 @ 1
2: Image Bootstrap 1 1 @ 154317888
3: Image Kernel 1 8192 @ 154317889 ( 4.0M)
4: Ext2 Root 1 262144 @ 154326081 (128.0M)
5: Image Bootstrap 2 4096 @ 154588225 ( 2.0M)
6: Image Kernel 2 4096 @ 154592321 ( 2.0M)
7: Ext2 Root 2 262144 @ 154596417 (128.0M)
8: Swap Linux swap 131072 @ 154858561 ( 64.0M)
9: Ext2 /var 262144 @ 154989633 (128.0M)
10: MFS MFS application region 524288 @ 155251777 (256.0M)
11: MFS MFS media region 68353024 @ 85964864 ( 32.6G)
12: MFS Second MFS application region 524288 @ 155776065 (256.0M)
13: MFS Second MFS media region 85964800 @ 64 ( 41.0G)
14: Apple_Free Extra 1135 @ 156300353

#bootpage -p /dev/hdc
root=/dev/hda4

でした。
ということなんでp500の資料をhdX4←→hdx7、hdX3←→hdX6
やってみます。。


20 :857:04/03/07 04:55
やってみた。
ごく普通に立ち上がる。
どうやらrunmonteがだめなようだった。
調べてみると、実行権限がついていない。(Win上でいじったため・・・)
早速hdX14に流し込み、起動させてみる。

うーむ。今度は再起動を繰り返してしまうな。
runmonteが実行されているにも関わらず、駄目ってことは
やっぱりKernelなのかなぁ。。

21 :950:04/03/07 14:05
>>14

今やってます。

bootpage -Pで変更した後
bootpage -pでチェックしたとき
root=/dev/hd7のうしろにパラメータがつくのでいいのかな?

それともroot=/dev/hdXと7以外に変更されるのかな?



22 :918:04/03/07 15:59
>>20
runmonteの中の、/dev/hda3 と /dev/hd4 も 6と7に書き換え
ました?
圧縮をwindowsでしたので実行権限ないかもしれません、
img_mote を linux上のどっかにコピーして、chmod 777 * でも行って
から、genromfs しないと駄目かもしれません。

>>21
# bootpage -p /dev/hda
root=/dev/hda7 dsscon=true BASH_ENV=`mount$IFS-n$IFS/dev/hda16$IFS/mnt;echo$IFS/
mnt/runmonte`
と出れば正解です。
上にも書きましたけど、img_monteをwindowsで圧縮したので、実行権限
が不足しているかもしれません。 一旦複写して、実行権限をつけて
から、genromfs をしてください。

23 :918:04/03/07 16:52
img_monteの中身をwindowsで圧縮したので、実行権限が消えていました。
p500hack.zip の中に、genromfs で作ったイメージと、img_monteを
tarしたものを入れておきました。
genromfsを使わずに、 romfs.img.p500を使ったほうが楽だと思います。

857さんの情報を元に作った、romfs.imgも作ってみました。

24 :857:04/03/07 16:54
>>22
どうもです。

rummonteもちゃんと書き換えてました。
/mnt/monte /dev/hda6 "root=/dev/hda7 console=2,115200 dsscon=true"
と。

問題は別にあって、>11の方法で作ったvmlinux.pxを
入れたらここは突破できたようです。

で、最初の「しばらくお待ちください」
から「Mycastロゴ&しばらくお待ちください」
になり、画面が真っ白になったところで止まってしまいます。。
正常ならここで電源が落ちるはずなのに・・・

たぶんhack kernelは認識したから
monte→hackKernel→hack root
このあたりで失敗かな。
しかし、Logにはなんにも出てないから、sysinit.rdより前っぽい・・・

25 :857:04/03/07 17:10
>>23
お手数掛けてすみせん。。

いまp500hack.zipの中身みたら結構ごみが。。
全く問題ないですけどね藁

26 :950:04/03/07 21:12
>>23
色々すいません。

ついでだから、バックアップとリストアをやり直そうと思ったら失敗。
相変わらずうまくいきません。

でいま
dd

27 :950:04/03/07 21:20
すいません途中でおくってしまいました。

いま、
dd if=/dev/hda of=/dev/hdb
をやってます。

そのあと
mfsadd -x /dev/dhb
でやろうと思ってますが、apple_freeパーテションは追加できるのでしょうかね?

dd はものすごく時間がかかりそうなので、きょうはこのままほっとくことになりそうです。

1.6Gで20分ぐらいかかったと、どこかに書いてありましたが・・
明日までほっておきます。朝にはどうにかなるかな?
1.6Gで20分だと単純計算で33時間ですが・・


28 :918:04/03/07 21:58
>>25
なんかいりそうなものや、推測で作ったものとか、あるので気に入ったら
使ってください。

>>27
ddでコピーできるのは確認してますけど、mfsadd -x は確認していないです。


29 :918:04/03/07 21:59
リストア終わった コクーンに繋いで、工場出荷時設定に戻した
ほうがいいみたいです。

これで、mfsの番組一覧とコクーンの番組一覧の整合は取れました。


30 :950 dd中:04/03/07 22:58
>>28

ついでだからやってみますね。
mfsadd

うまくいかなかったら悲しいですが・・

しばし、ご猶予を


31 :It's@名無しさん:04/03/08 02:13
>>11

ケアレスのつっこみです
手順7の
echo "/sbin/tnlited 23 /bin/bash -login &" >> /mnt/tivo/etc/rc/d/rc.sysinit
echo "/var/hack/bin/tivoftpd &" >> /mnt/tivo/etc/rc/d/rc.sysinit
でrc/dはrc.dの間違いですね

echo "/sbin/tnlited 23 /bin/bash -login &" >> /mnt/tivo/etc/rc.d/rc.sysinit
echo "/var/hack/bin/tivoftpd &" >> /mnt/tivo/etc/rc.d/rc.sysinit

が正解?

あと、restoreしたあとに、一回リブートかけないと、
パーティション認識しないみたいです

手順1は
pdisk -l /dev/hdc
が良いですね



32 :918:04/03/08 02:31
>>31
pdisk -l オプションは知らなかった。 いつも p を入力していました。
といわけで、ご指摘の件、直しておきました。

33 :It's@名無しさん:04/03/09 01:19
P500 telnet 化成功

bash-2.02# df
Filesystem 1024-blocks Used Available Capacity Mounted on
/dev/hda7 126911 57515 62843 48% /
/dev/hda9 507583 24991 456378 5% /var

おー、hda7でうごいちょる

bash-2.02# date
Mon Mar 8 16:14:57 UTC 2004

おー、中身は、UTCで設定されてるし

cat /var/log/messages
Linux version 2.4.4-TiVo-3.1 (root@tivotest) (gccversion 3.0) #14 Wed Feb 11 00:06:34 JST 2004

おー、真夜中にカーネル作ったらしい >お疲れ様 >>918

しかし、コマンド何も入ってないので
ツールの類入れないと面倒かもー
lsすら入ってない(笑)


34 :950:04/03/09 14:33
ddでコピーできました。
mfsadd -x で、apple_freeパーテションは追加できました。

でもまだtelnetができません・・・
/dev/hdX7のrc.sysinitを書き換えると最初ではじかれるような気がするのですが。
そんなことないんですかねー


35 :918:04/03/09 17:49
>>34
>/dev/hdX7のrc.sysinitを書き換えると最初ではじかれるような気がするのですが。
>そんなことないんですかねー
はじかれるというよりは、元に戻ります。
/dev/hdX7 の中身は書き換えません。 /dev/hdX4を書き換えます。


36 :918:04/03/09 18:03
>>33
おめでとうございます。
私の書いた手順には、ツールも入れてあるはずですけど。
今見たら、path の設定抜けてました。 /var/hack/bin/ls 等で実行出来ると思います。
pathの追加も手順に追加しておきます。

/dev/hda7 がルートになっているかはちょっと不明。 /dev/hda4が正しい
気がするが。 telnetさえ出来ればどうでもいいので確認していなかったです。
家に帰ったら動作を確認してみます。

>Linux version 2.4.4-TiVo-3.1 (root@tivotest) (gccversion 3.0) #14 Wed Feb 11 00:06:34 JST 2004
ここにホスト名表示されるの忘れてた。
恥ずかしい名前にしてなくて良かった。

37 :950:04/03/09 20:09
>>35
ホームページみて設定してました。


7.rc.sysinitを書き換える。
mount /dev/hdc7 /mnt/tivo
/dev/hd4ですね。

8.これも bootpage -P"root=/dev/hd7ですかね。

>>33
おめでとうございます。
どこが違うんだろう。私。


38 :918:04/03/10 00:24
>>37
すいません、
7 は /dev/hdc7 の間違えです。 
8 はそれであっています。
修正しておきます。

ついでに PATH の件も追加しておきました。 もっと簡単なやりかたも
あるかも。

7の修正とpathの追加を入れておきます。

39 :33:04/03/10 00:58
33=31=12=15です(藁)
ツールも入れておいてくれたんですね、
PATH追加したらいろいろ使えるようになりました>>918

私がtelnetのインストールに使ったエラーチェックもなーんもしてないスクリプトです
カレントディレクトリに bootpage, hack2.tar, romfs.img.p500, vmlinux.px を置いて使ってください
TARGETはrestoreしたP500のあたらしいディスクの場所を書きます

TARGET=/dev/hdb
dd if=${TARGET}7 of=${TARGET}4
dd if=romfs.img.p500 of=${TARGET}14
dd if=vmlinux.px of=${TARGET}3
mkdir /mnt/tivo
mount ${TARGET}9 /mnt/tivo
tar xpvf hack2.tar -C /mnt/tivo
umount /mnt/tivo
mount ${TARGET}7 /mnt/tivo
cat <<EOF | patch /mnt/tivo/etc/rc.d/rc.sysinit
1042a
/sbin/tnlited 23 /bin/bash -login &
/var/hack/bin/tivoftpd &
.
135c
PATH=/bin:/sbin:/tvbin:/devbin:/var/hack/bin
.
EOF
umount /mnt/tivo
./bootpage -P "root=/dev/hda7 dsscon=true BASH_ENV=\`mount\$IFS-n\$IFS/dev/hda14\$IFS/mnt;echo\$IFS/mnt/runmonte\`" -C ${TARGET}


40 :33:04/03/10 01:19
あ、気になるので質問

マウントされる/ファイルシステムは /dev/hda7 でいいのでしょうか?

うえに書いたスクリプトでインストールしたので
hda7がわを変更しているはずです

hda4をマウントしてみると、hda7の内容が見えるんですよね
monteでカーネルをだましているのかな?



41 :918:04/03/10 02:03
>>40
私のところも、/dev/hda7がrootになっていました。
どっちを書き換えたんだろう。 
/dev/hda4 だったような気がするんだけどなぁ。
けど、そのスクリプトで動いたなら、/dev/hda7だし。

というわけで、両方を書き換えるのが安全かな。 と言って逃げる。

42 :918:04/03/10 02:32
>>40
私のインストールメモの原本を確認したら /dev/hda4 7 両方書き換えていまし
た。 どっちかはinitrdで元に戻っているはずですが。 

p500上で
mount /dev/hda7 /var/tmp/a
として、/var/tmp/a/etc/rc.d/rc.sysinit の中を見てみたら、書き換わって
わっていないので、 /dev/hda4 を書き換えていると思いますが。

ためしている暇が無い。

43 :33:04/03/10 02:33
まあ、うごいてるからいいやっ

tytoolをインストールしてみましたが、やはしうごかんっ
手に入れたのは TyTool8r3 のようだ

NowShowing.tclの395、396行のtzを設定するあたりでこけてしまう

invalid attribute: TimeZone
コメントアウトして適当な値を入れて動かすと
エラーは出さないが、番組表も出ない

なんなんだろう???


44 :33:04/03/10 02:43
スクリプトについては、スクリプトを作りながらやっていたので
7から4へのddが何回か走った形跡があって
それでうまくいったんだと思われ
というわけで、修正版

TARGET=/dev/hdb
dd if=${TARGET}7 of=${TARGET}4
dd if=romfs.img.p500 of=${TARGET}14
dd if=vmlinux.px of=${TARGET}3
mkdir /mnt/tivo
mount ${TARGET}9 /mnt/tivo
tar xpvf hack2.tar -C /mnt/tivo
umount /mnt/tivo
mount ${TARGET}4 /mnt/tivo
cat <<EOF | patch /mnt/tivo/etc/rc.d/rc.sysinit
1042a
/sbin/tnlited 23 /bin/bash -login &
/var/hack/bin/tivoftpd &
.
135c
PATH=/bin:/sbin:/tvbin:/devbin:/var/hack/bin
.
EOF
umount /mnt/tivo
./bootpage -P "root=/dev/hda7 dsscon=true BASH_ENV=\`mount\$IFS-n\$IFS/dev/hda14\$IFS/mnt;echo\$IFS/mnt/runmonte\`" -C ${TARGET}



45 :918:04/03/10 02:47
スクリプトをこう書き換えれば悩まずにすむかな?
TARGET=/dev/hdb
dd if=romfs.img.p500 of=${TARGET}14
dd if=vmlinux.px of=${TARGET}3
mkdir /mnt/tivo
mount ${TARGET}9 /mnt/tivo
tar xpvf hack2.tar -C /mnt/tivo
umount /mnt/tivo
mount ${TARGET}7 /mnt/tivo
cat <<EOF | patch /mnt/tivo/etc/rc.d/rc.sysinit
1042a
/sbin/tnlited 23 /bin/bash -login &
/var/hack/bin/tivoftpd &
.
135c
PATH=/bin:/sbin:/tvbin:/devbin:/var/hack/bin
.
EOF
umount /mnt/tivo
dd if=${TARGET}7 of=${TARGET}4
./bootpage -P "root=/dev/hda7 dsscon=true BASH_ENV=\`mount\$IFS-n\$IFS/dev/hda14\$IFS/mnt;echo\$IFS/mnt/runmonte\`" -C ${TARGET}

このスクリプト便利なんで、転載していいです?

46 :857(S55):04/03/10 03:59
やっぱりだめ。。
ためしにP500のKernel入れてみたけど、
HDDの回転が急に止まったり変な動き・・・

やっぱりKernelがいけないのか。
char.oのエラーがでるからVirtual terminalをはずしちゃだめか。

http://www.google.co.jp/search?q=cache:dwM551lR6csJ:mobile-linux.org/howto_make.html+undefined+reference+to+%60local+symbols+in+discarded+section+.text.exit%27&hl=ja&lr=lang_ja&ie=UTF-8
によるとvmlinux.idsの*(.text.exit)をコメントアウトすりゃいい的な事書いてあるから
はずしてみるが、やっぱり出てくる。
根本解決にはKernelあげろっいわれてもS55のKernelはそのままだし。

疲れてきたな。。

47 :918:04/03/10 22:20
>>46
カーネル作ってみました、当然テストしていません。
http://www.three-r.org/p500918/vmlinux.px.s55

>>43
tytoolで動くようにしたものをアップしておきました。
カラムズレが出ますが、日本語も表示出来るようにしました。
転送以外の機能は動きません。

48 :33:04/03/10 23:02
>>918
スクリプトの転載かまいません
元ねたは918さんのHPですから



49 :33:04/03/11 00:50
オリジナルのHDDにAppleFreeを無理やり作って telnet化成功
危険すぎるので自己責任でよろ

やったのは
pdiskを使って、パーティション3を一回削除して
C コマンドで
 パーティション3を8150セクタ
 パーティションを42セクタ
で作って
Freeパーティションの位置を14に移動して
romfs用のパーティションを作りました

Partition map (with 512 byte blocks) on '/dev/hdc'
#: type name length base ( size )
1: Apple_partition_map Apple 63 @ 1
2: Image Bootstrap 1 1 @ 176095214
3: Image Kernel 1 8150 @ 176095215 ( 4.0M)
4: Ext2 Root 1 262144 @ 176103407 (128.0M)
5: Image Bootstrap 2 1 @ 176365551
6: Image Kernel 2 8192 @ 176365552 ( 4.0M)
7: Ext2 Root 2 262144 @ 176373744 (128.0M)
8: Swap Linux swap 131072 @ 176635888 ( 64.0M)
9: Ext2 /var 1048576 @ 176766960 (512.0M)
10: MFS MFS application region 524288 @ 177815536 (256.0M)
11: MFS MFS media region 141308944 @ 178864112 ( 67.4G)
12: MFS MFS application region 2 524288 @ 178339824 (256.0M)
13: MFS MFS media region 2 176095150 @ 64 ( 84.0G)
14: Image romfs 42 @ 176103365

とりあえず、ちゃんと立ち上がって、telnetもできたので、成功?


50 :33:04/03/11 02:06
tytoolでデータ抜き成功
大感謝>>918

Winクライアント側の画面で日本語が出ない
どうやらフォントが違うよう

Getした結果は日本語になってるので問題ないのだけれど

ちなみにOSはWin2kSP4


51 :950:04/03/11 15:55
>>33
いいですね。うまく動いてくれているようですね。

私のほうはまだ動きません。ひとつだけ問題が解決しました。

ブートCDにmfstoosのCDを使っていたため、
bootpage -P を入力するとき ‘ が打てなかったのです。で ’ で大丈夫だろうと
いい加減に考えていたものですから。
¥はバックスラッシュでだいじょうぶですよね。

しかし、そこから先に進みません。
いままでだめだったときは、元に戻ったのですが、ずーとしばらくお待ちくださいのままです。
たぶんbootpageでこけているのだと思います。

hdX16ってマウントすると3つのファイル kmonte.o monte runmonte で、
リードオンリーファイルでいいのですか?

もう一度リストアしなおして、mfsaddかけないで、hdX14でやってみようかと思います。

なんかうちのP500 まともに使っている時間がほとんどないです。(藁



52 :918:04/03/11 18:35
>>51
33さんが作ってくれた便利なスクリプトがあるんで、そっち使ったほうがいいと
思う。
apple_free が hdX14ならば、そのまま使えるし。


53 :918:04/03/11 18:37
>>50
うちは、WindowsXPproSP1です。 私は表示されているのでフォントの関連の問題
だと思う。 家に帰ったら見てみます。 いま休憩時間中。

>>49
その方法は全く思いつかなかった。 その方法なら、mfsbackup/mfsrestore
を行わずにいきなり出来ますね。  デンジャラスですけど。
次、誰かの頼まれたらその方法でやろっと。 
また、転載させていただきます。

54 :918:04/03/11 20:52
>>50
Windows2000serverでも日本語表示おかしかったです。
バイナリーパッチあてたのをアップしておきます。

55 :950:04/03/11 22:25
>>52
mfsrestoreしたら勝手にhdX16まで増やしちゃいました。でも/dev/hdX16でいけるからこれは平気です。

33さんのも日本語版はvineしかないので、macパーテションが見られず途中でだめでした。
mount ${TERGET}9 /mnt/tivo のとこです。

xconfigなんてやってみたが、途中でエラーでとまちゃいます。
make/bzImageのとこのasm-i64/efi.hのとこで。

今、vmlinux.plとromfs.img.p500をvineから入れたので(ちょっといい感じでしたので)
残りをCDからのupgradeCDでlinux立ち上げてやってみます。

918さんも33さんもずーと先にいってるのにレスありがとうございます。


56 :33:04/03/11 22:55
わたしもVineでパッチ当てとか、バックアップの作業を行ってます

 「linuxでTiVoパーテションを認識出来るカーネルを作る」
を参考に、Vineのカーネルをコンパイルしなおして使っています

クロス環境も入れて、ふたも開けっ放しで、P500改造専用マシンと化してます

スクリプトについては、CDROMに入れておいてもいいですし
フロッピーに書いて持っていってもいいと思います

WEBからCopy&Paseでファイル作ると . の後ろにスペースが入って
うまくいかないので、注意してくださいね

あと、P500でパッチ当てて最初の電源ONのときは
かなり長く時間かかりますし、しばらくアクセス行かなかったり
リセットしたときのように、画面がきえることもあります
じーーーっとまってるとCoCoonのマークが出てきます


57 :33:04/03/12 00:19
パッチ当てたtytool早速使わせてもらってます
ちゃんと漢字が出るようになりました

ただ、「<無>」って言葉があると「<無」だけになってしまうようですね
tytoolsの問題のようです

<>で囲まれた半角<>を全角<>に変換すればいいはずですが

あと、□にス とか □に新 とかのアイコンが ・ になってしまってます

変換後の漢字コードで
 □に終 86 82
 □にス 86 83
 □に新 86 7C
に割り当てられているようです
これも、四角の無い文字に変換できれば都合がいいですね
(きっと「□に二」とかもあると思うが、二ヶ国語の番組は録画してないので不明)




58 :33:04/03/12 00:26
キーワード入力画面で確認したところ

N
天 
再 
新 86 7C
映 
声 
前 
後 86 82
ス 86 83
交 
他 
秘 
二 
多 
B 
ク 
VS 
字 


が囲み文字で使えるようです


59 :857(S55):04/03/12 00:51
キタ━(゚∀゚)━!!
>>47
ありがとうございます
これでhackしたkernelを起動できました。

ところでこのKernelはどのように作ったのでしょうか。
>>16のP500のKernelソースをS55にして、vmlinux.idsを変更と
いった感じでやったのですが・・・
bigdrive対応パッチを当てたかったので・・・


あとはusbEtherあたりのmoduleを入れてあげればいいのかな
もう少しで追いつけるか。


お、USBのethがぴかっとキター
あれ、うまくIP割り当てられてないみたい。。
もちょとか。

60 :918:04/03/12 01:22
>>57
>ただ、「<無>」って言葉があると「<無」だけになってしまうようですね
><>で囲まれた半角<>を全角<>に変換すればいいはずですが
NowShowing.tcl と tserver のパイプ処理で、セパレート終了文字が
「>」 なんで終了と判断されてしいます。tytoolの問題なんで難しいかも。
NowShowing.tcl の中で置換処理を行えれば可能ですけど。 tivosh なんて
全く分からない。

>あと、□にス とか □に新 とかのアイコンが ・ になってしまってます
これは変換テーブル作れば出来ると思う。 Dとかもある。

とりあえず実用上は問題無く転送出来るので後回しです。
クライアントを新規に起こすという手もあるが、実は Windowsでプログラム
を書いたことが無い。 UNIXとDOSの人です。

DivXエンコードとDVDオーサリングソフトに入力できるようにするのが先かな。
WindowsMediaEncoderにはそのまま入力できるので、WMAには出来るが。

61 :918:04/03/12 01:27
>>58
こりゃ調べるのも大変だな。

62 :918:04/03/12 01:57
>>59
ホームページにまとめようと思って作り直したら作れない。 
これも優先順位が低いので、今度暇を見つけたらやるつもりです。
今のところ環境はそのままあるので、困っていないので。

S55/57のカーネルは、P500と同じパッチをあててコンパイルしたら
出来ました。

63 :It's@名無しさん:04/03/12 18:59
誰かまとめて ここまでの経過

64 :It's@名無しさん:04/03/12 20:37
完成したらHDDごとヤフオクに出品して欲すぃ

65 :33:04/03/13 00:14
>>60(918)

>>ただ、「<無>」って言葉があると「<無」だけになってしまうようですね
>><>で囲まれた半角<>を全角<>に変換すればいいはずですが
>NowShowing.tcl と tserver のパイプ処理で、セパレート終了文字が
>「>」 なんで終了と判断されてしいます。tytoolの問題なんで難しいかも。
>NowShowing.tcl の中で置換処理を行えれば可能ですけど。 tivosh なんて
>全く分からない。

utf8の中でできないかなと思ったのですが
番組名は、人間が見るのと、ファイル名になるだけですので
転送は問題ないと思うんですけど




66 :33:04/03/13 00:25
tytoolがつかえるようになって、番組を落とし始めたのだが
なんか、すっごく不安定

運がいいと転送が終わるんだけど
運が悪いと、途中で止まってしまって
しかもtelnetもいっしょに死んでしまう
復活させるには、リセットしかない

inetdでもコンパイルするかねぃ


67 :950:04/03/13 11:11

やっとtelnetできるようになりました!!

何が悪かったのだろう?
mfsaddをかけていないのと。
mfsrestoreのとき-s 127 をいれてrestoreしたのが今回の違いです。

今からmfsaddして作り直して見ます。
ありがとうございました。



68 :918:04/03/13 14:11
>>66
工場出荷設定に戻すをしてから調子いいです。

69 :918:04/03/13 14:18
>>67
>mfsaddをかけていないのと。
>mfsrestoreのとき-s 127 をいれてrestoreしたのが今回の違いです。
それ多分関係ないから、何か間違っていたんだと思う。

exciteあくきんでやっとアクセス出来るようになりました。



70 :33:04/03/13 14:45
>>68
工場設定に戻すをしてしまうと、録画したデータが消えてしまうので
せっかく、むりやりtelnet化した甲斐がないですぅ

データ転送だけネットワークを使っている分には
安定しているようですが
telnetとtserverを同時に動かしていると、すぐ落ちる

自然に落ちるときもあるようで
どうやら、tserver以外がネットワークを使っているのでは
ないかと、思ってます(dhcpとか)

転送速度については、5Mbpsぐらいしか出ないようです
どこがボトルネックになってるんでしょう




71 :857(S55):04/03/13 14:57
USBethが認識して喜んでいたのにPingさえ通らない

おかしいなぁ、ということでPortScanかけたらSMTPとPOP3
だけが開いている。

さて、何か間違えたかな・・・

72 :918:04/03/13 18:06
>>70
>データ転送だけネットワークを使っている分には
>安定しているようですが
>telnetとtserverを同時に動かしていると、すぐ落ちる
そうみたいです。 telnetも操作しなければ大丈夫みたいなんで
画面だけ表示させていますけど。

遅いのは、P500側の問題みたいです。
mfs_ftpが動き出しているんですけど、これもあんまり速度変わらないです。
推測ですが、暗号のエンコードに時間がかかっているか、P500側で帯域制御
しているかどっちかだと思います。
前者だとどうしようもない、後者だとなんとかなるかも。

73 :918:04/03/13 18:08
>>71
Pingさえ通らないのは不思議ですね。 pingはそのまま動くはずですけど。

74 :918:04/03/13 20:22
>>58
外字用の変換テーブル機能を追加しました。
p500tserver.tar をダウンロードして入れ替えてみてください。
p500.tbl が置き換えテーブルです。 書いてある分と私が見つけた分
だけは入れておきました。

75 :It's@名無しさん:04/03/14 00:52
>>exciteあくきんでやっとアクセス出来るようになりました。

うーん・・
でも
どうにかなりました。かんしゃしてます。





76 :33:04/03/14 22:01
>>74
早速対応ありがとうございます
まだ、5種類しか、コード見つかってないのですね

おかえしに、タイトル中の<>の対策してみました

"NowShowing.tcl.bk" line 135 に2行追加

regsub -all -- {<} $title {(} title
regsub -all -- {>} $title {)} title

タイトル中の<>を()に置換します

とりあえずうまく動いているが、漢字コードの対策してないので
漢字化けするかも
P500内の漢字コードって、<>(3C,3E)のコード使いましたっけ?
SJISだったら80H以上で使わないはずなので
セーフだと思ったんですけど

77 :It's@名無しさん:04/03/14 22:22
>>66

telnetが落ちたとき、メニュー セットアップ ネットワーク設定 設定表示 接続診断
でもどりません?


78 :33:04/03/14 22:35
>>77
おお、いいこと聞いた
今度落ちたとき、やってみます


79 :918:04/03/14 23:09
>>76
>まだ、5種類しか、コード見つかってないのですね
33さんの分と、私の番組表にあったものを追加しましたけど、何か
調べるいい方法ないかしら?

tivosh よくわかりましたね。 私はお手上げしていましたから。
というわけで、追加させていただきました。

>漢字化けするかも
>P500内の漢字コードって、<>(3C,3E)のコード使いましたっけ?
>SJISだったら80H以上で使わないはずなので
>セーフだと思ったんですけど
頭の1ビットが1の場合だけマルチバイトになるので、7ビットの文字コード
は大丈夫ですので大丈夫なはずです。

80 :33:04/03/14 23:33
>>77
ほー
確かに復活しました

原因究明のために、調査してみました

/var/log/kernel にエラーが出てるのを発見
Mar 14 13:47:46 (none) kernel: pegasus.c: eth0: TX status -145
Mar 14 13:47:46 (none) kernel: hub.c: already running port 1 disabled by hub (EMI?), re-enabling...
Mar 14 13:47:46 (none) kernel: pegasus.c: eth0: TX status -145
Mar 14 13:47:46 (none) kernel: usb.c: USB disconnect on device 2
Mar 14 13:47:46 (none) kernel: hub.c: USB new device connect on bus1/1, assigned device number 4
Mar 14 13:47:46 (none) kernel: pegasus.c: eth0: ADMtek ADM8511 "Pegasus II" USBEthernet
Mar 14 13:47:46 (none) kernel: pegasus.c: setup Pegasus II specific registers
Mar 14 13:47:46 (none) kernel: set Phy's Automatic Gain Control
---- メニュー セットアップ ネットワーク設定 設定表示 接続診断 実行
Mar 14 13:59:54 (none) kernel: EVT_SONY_NET::NET_SIMPLE_DIAG_REQUEST
Mar 14 14:00:11 (none) kernel: No Proxy Data
Mar 14 14:00:16 (none) kernel: netdiag:nwici_send_nsg delete point8 pass.
Mar 14 14:00:17 (none) kernel: ----- NETWORK -----
Mar 14 14:00:17 (none) kernel: H/W ADD:08:00:xx:xx:xx:xx
Mar 14 14:00:17 (none) kernel: ADDRESS:192.168.0.211
Mar 14 14:00:17 (none) kernel: SUBNET :255.255.255.0
Mar 14 14:00:17 (none) kernel: GATEWAY:192.168.0.254
Mar 14 14:00:17 (none) kernel: DNS1 :192.168.0.254
Mar 14 14:00:17 (none) kernel: DNS2 :
Mar 14 14:00:17 (none) kernel: NetDiag: xNifNWSD start
Mar 14 14:00:17 (none) kernel: xNifNWSD: net_error is GOOD_STATIC
Mar 14 14:00:17 (none) kernel: toolNetMessageBox::HandleSnNetEvent: 4
Mar 14 14:00:17 (none) kernel: iErrCode = 0


81 :33:04/03/14 23:59
といふわけで

ネットワークがずっこける&転送速度が出ない
原因がわかりました

ETHER はUSB1.1経由でつながってて
デバイスは、ADMtek ADM8511 Pegasus II のようです
ttp://www.admtek.com.tw/products/ADM8511.htm

P500 Linuxドライバのバージョンはv0.4.13を使っているようですね
最近のカーネルに入っているのは、v0.4.25で、若干上がっているようです

USB1.1でつながってるんなら、5Mbpsは納得かな


82 :33:04/03/15 00:06
エラーメッセージからすると、
USBのホストかROOTHUBがこけてる
可能性もありますね

R5432のバグリストで、USBHOSTのってなかったでしたっけねぇ



83 :918:04/03/15 00:42
まさかUSBでつながっているとは予想もしませんでした。
けど、今までの動作を考えれば納得です。
速度はどうしようもないということですね。

84 :It's@名無しさん:04/03/15 22:48
<コクーン>チャンネルサーバー「CSV-P500」
製品カスタマー登録のお客様へ
     ソフトウェアアップデートのお知らせとお願い
                          ソニー株式会社
                   ソニーマーケティング株式会社
 日頃よりソニー製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
 このたび、<コクーン>チャンネルサーバー「CSV-P500」の一部のソフト
 ウェアのバージョンにて、ご使用中に不具合が生じることが判明いたし
 ました。
 つきましては、該当する「CSV-P500」に対し、搭載されているソフトウ
 ェアのアップデートを【2004年3月16日(火) 13時(予定)】より実施
 いたしますので、以下の確認手順に従って、ソフトウェアのバージョン
 をご確認のうえ、該当の場合には最新のソフトウェアにアップデートい
 ただきますようお願い申し上げます。


85 :33:04/03/17 23:53
tytoolsでtyをmpegに変換するソフト tydemuxをP500のストリームに対応させました

tystudio-0.5.0-beta2.tar.gz
をベースに

diff -r tydemux-beta2/tydemux/chunk_read.c tydemux-beta2-new/tydemux/chunk_read.c
446a447
> case 0xe0b: /* Japan Sony */

diff -r tydemux-beta2/tydemux/index_edit.c tydemux-beta2-new/tydemux/index_edit.c
297a299
> case 0xe0b: /* P500 */

このくらいの変更で正常にDECできるようになりました

VisualStudio持ってないので、配れるソフト作れないので
誰かお願いします

わたしはCygwinでコンパイルしたので、配れない


86 :918:04/03/18 13:54
>>85
さすがですね。
会社のどっかの部署にMSDNがったはずなんで、ちょっと拝借してきます。
従業員だからいいよな?
私も Visualなんちゃらは触った事が無い。

87 :857(S55):04/03/18 22:50
>>71
自己レス。
SMTPとPOPは嘘。
netstatで調べてたら、Listenなのは21と23と25007の3つのみ
ftpとtelnetは自分で立ち上げたやつだけど、25007はtserver?

で、自己Pingは通るけど外はダメ
arpで見るとMacアドレスも取得できてない。
HWaddressが00:00:00・・・だってさ
なんか基本的なinet関係のを入れないとダメなのか?
こんなところからはやった事ない。

>>85,86
MSDNは持っているのだが(期限切れ)
くぅ、あとはネットさえ繋げられれば

88 :33:04/03/19 00:10
昨日の続き

パッチ当ててから

make tydemux

で作ってください
demuxは次のようにおこないます

tydemux/tydemux -s 2 -i bs8.ty -a bs8.mp2 -v bs8.mpg

tyがP500から落としたファイル
mp2がオーディオファイル
mpgがMPEG2のビデオファイルです

demuxでたまーにエラーが出るみたいです
ストリームを見てみると、小さいサイズ(16バイト)のrecordができてるみたい
これってP500の仕様?
画像的にチェックしようと思ったが、実際の位置がわからないので
なかなか難しいのだった

できたMPEGファイルのスペックはこんな感じです

[bs8.mpg]
MPEG1 480x480 29.97fps 5800.00kb/s 4:3 No Sound 00:00:00
676,672,184Bytes
真空波動研 040220

ヘッダーが無いのでMPEG1と表示されてますが、
ちゃんとMPEG2です



89 :918:04/03/19 01:10
>>88
VC++でコンパイルできました。 VC++用のプロジェクトファイル?もある
ので一発でOKでした。
これで、TMPEGEncに入力できます。
TMPEGEncの入力テストもOKです。

ありがとうございます、助かりました。
これで私の目的は殆ど全て達成できました。

明日、会社で正式にVC++ライセンスしているPCでコンパイルしてきます。
これ、ライセンス条項を見るとGPLなんで、まとめたらアップします。

90 :It's@名無しさん:04/03/19 10:04
だから だ れ か ま と め て

91 :918:04/03/19 22:20
tydemux.exe
VisualC++でリコンパイルしたものをアップしておきました。
便利です。

92 :33:04/03/20 00:24
>>91
わーい
ありがとうございます

これで、cygwinなくっても実行できます

このパッチをtytoolsのほうにもあてられるといいんですけどね
そうすると、直接MPEGのストリームでダウンロードできるのに


918さん目的も私の目的と同じだったんですねw

TyStream.htmlとか読んで、解析しました
いあー、Cより英語が大変だったw


93 :33:04/03/20 00:31
んー
あとは、途中で落っこちるETHERをどう対策するかだなぁ

おいらが考えたのは
どっかにping打っといて、それが届かなくなったら
インターフェースを初期化するって仕掛けなんだけど

インターフェースを初期化するってとこが
解析できてなくって、どおすりゃいいっすかねぇ

なんかいいアイデアないっすかー


94 :33:04/03/20 00:37
あ、もひとつあった

削除したはずの番組データが、出てきてしまうって事
削除フラグの位置が、TiVoと違ってるのが原因だと思うんだけど
NowShowing.tkをもうちょっと深く解析しないとわからんのよ

ちなみーに
NowShowing.tkで
使われているスクリプト言語はTk/TclのTclで
こんな
ttp://www.interq.or.jp/japan/s-imai/tcltk/basis.html
文法です

後に続く人求むw


95 :33:04/03/20 00:38

真の神になりきれない33であったw

96 :918:04/03/20 00:53
私のところは転送はこけないんですけど。
削除した番組が出るのは一旦工場出荷設定にしてから症状は出ていない
です。

tydemux 毎回入力するのが大変なんで、VBでGUIを作りました。
VBすっげー便利です。 VisualStudio買っちゃおうかな。

tytoolのソースがあれば全部解決するんですけどね。
資料はいっぱいあるので、神があらわれて、さくっと新規にプログラムを
起こしてくれるのを待っています。

私は目的が達成出来たので、勢いが無くなりました。

97 :33:04/03/20 01:05
がーん
こけない機械もあるのか
実は作った時期で対策されてるとか

削除したのが消えてないのは
初期化すればなおるのかー
まだ、全部DLしてないからなぁ
こっちも、がーん


98 :33:04/03/21 16:07
コード変換テーブルに追加すると便利なコードを見つけました

スーパーマン とかが ス・パ・マンになってしまうのを防げます

あのファイルに、1行追加

ー 129 92 ー



47 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)