2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【吃】死ぬほどビビッた出来事を集めるスレ【驚】

1 :名無し職人:03/04/27 11:15
お笑い板住人の皆さんの体験した
びっくりした出来事を書き込むスレでつ
恐怖・ほんわか・感動・ネタetc何でも構わないっす

ほんじゃ1発目の体験談
仕事の都合上「タコ部屋」(多人数で一つの部屋に寝泊りする)
で生活してたんすよ、野郎ばかり20人くらいで、
んで ある日の夜中午前2時くらいだったかな?
俺が三段ベッド(カーテンで周りを囲める)の1番上で寝てたらさ
勢い良くカーテンの開く音が聞こえて目が覚めて
目をシパシパさせながら「・・・・誰だよ〜こんな夜中に〜」
て思いながら顔を横に向けたら  ・・・オッサンが立ってる
しかもスッ裸で!
「なんじゃ〜 このオッサンはぁ〜!」
びびって速攻カーテン閉めたんだけど、また勢い良く開かれる
俺閉める→オッサン無言で開ける!→俺また閉める→オッサンまた無言で開ける
だんだん俺もパニくってきて「やっべぇ!もしかしたら 掘られるのか??」
とか考えながらも オッサン@全裸体に小声で こう言ったんだ
「ベッド 違いますよ」
そしたらオッサンの動きが止まって、ブツブツ何か呟いたと思ったら
一言「・・・ ゴメン」
翌朝恐る恐るオッサンに聞いたら酔っぱらっていたとの事
ホント怖かったね あん時のオッサンの胎の座った目は忘れられない。


2 :名無し職人:03/04/27 11:18
9ゲットくらいかな

3 :名無し職人:03/04/27 15:04
運転してたとき、青だったから普通に交差点に突っ込んだわけ、そしたら
とつぜん上から黒t

4 :名無し職人:03/04/27 15:05
4ゲト

5 :イッチョム:03/04/27 15:14
真夜中、私はどこからともなく聞こえてくる声に目を覚ました。
もうろうとしながらも、よく耳を傾けるとその声はまるで赤ん坊の泣き声のように聞こえてきた。
布団を頭からかぶり再び眠りにつこうとするが、声はしだいに大きくなっていく。
私はやもえず重たい体を起こし上げ、その声のするほうへと歩き始めた。
まだ空気の冷たいころに、身を震わせながら静かに階段を上る。
 やがてベランダに着いた。
私は深夜に吹く冷たい風と、深い闇の中からこだます不気味な泣き声のせいで鳥肌が立っていた。 
しかし、立っていたのはそれだけではなかった。
頼りない月の明かりのもとに、一匹の大きな黒猫が立っていた。
そして私のあそこも立っていた・・・。

6 :暇人@名無しさん ◆joNtVkSITE :03/04/27 19:53
>>3
まさか・・・・書き込みの最中にいっちゃった?

7 :名無し職人:03/04/27 23:56
漏れが高校生の頃、彼女と初デート!
春のさわやかな陽射しの中、心をときめかせ彼女を待っていた。
すると彼女がチャリに乗って手を振りながら交差点を渡って来た。
漏れも手を振り返した瞬間!…

彼女のチャリの前輪がえんせきにぶつかり、そのまま彼女は前方へ一回転!顔面から着地!
鼻血を流しながら笑ってた…


8 :イッチョム:03/04/28 21:34
土砂降りの雨の中、いつものように仕事を終え人気のない道を歩いていた。
雨のせいか普段よりもひと気はなく、時より車が通る程度だった。
私は水溜りを気につけながらゆっくり進む、すると道の真ん中でじっとしている一匹の亀に気がついた。
どうしてこんなところに亀が・・。私はいてもたってもいられなくなり、その亀を拾い上げ近所にある池を目指した。
やがてその池に着いた。「もう道路に出てきたらだめだよ」私は亀にそう言い池へと放した。
 その夜、私はわずかな満足感を抱きつつ寝床についた。
それから4,5時間たったであろうか・・・。私はだれか叩くドアの音で目を覚ました。
「どなたですか?」
しばしの沈黙の後、か細い声で「あなたに助けてもらった・・亀です・・」と返事が帰った。
一瞬、浦島太郎が頭によぎった。
私は半信半疑の中、恐る恐るドアを開けた。
するとそこには亀が立っていた。
私の亀も立っていた。

9 :シェンロンMarkU:03/04/28 22:09
追い越し禁止でベンツを抜いたら追いかけてきた

ヤクザ登場

頭をペシペシ叩かれた

10 :鳴き砂の風船:03/04/28 23:09
小学生の時駅前の塾から出ると、暗闇になんかの雑誌が落ちていた。
ジャンプだったらいいなとおもって近づいて屈み込んだらエロ本と判明。
その瞬間、塾のクラスメイトがぞろぞろ塾から出てきた。
パニクって咄嗟に「なんだこんなだよこんな所にエロ本なんか捨てやがって!」
と叫びエロ本を思いっきり蹴った。自分としては拾おうとしてると思われるのが
一番怖かったがしかし、次の瞬間もっと怖いことが待ってた。
蹴ったエロ本が見事な放物線を描いてたこ焼きの露天に突入して
たこ焼き300円みたいな看板を蹴散らしてオヤジの横に落ちてる光景が・・・。
外国人風のオヤジに怒鳴られて必死に走った。
人生で最も怖いことベスト5には入るリアルな体験・・・。



11 :( ´∀`) ◆tr.t4dJfuU :03/04/28 23:13
去年、交通事故で死んだ友達。
あいつが生きてれば、いい話が書けたのに。残念だ。

12 :暇人@名無しさん ◆joNtVkSITE :03/04/29 20:01
あれは忘れもしない、高校逝ってる頃の洒落にならない出来事
自宅の便所で大便してるときだった
本を読みながら出す物出して、「出ようかなー」と思って
本を下ろしたら・・・・目の前40cmの距離にアシダカグモが!!!!!
頭の中が真っ白になって訳分かんなくなったけど
震える手でなんとか尻拭いて、持ってた本で追い払って便所から脱出した。
生まれて初めて冷や汗ってヤツを背中にかいた出来事だった。

13 :名無し職人:03/04/29 20:04
フーゾクでお尻に指を入れられたとき


14 :暇人@名無しさん ◆joNtVkSITE :03/04/30 22:37
私の親父の体験談

海で後輩と素もぐりやってた時に、後輩が水深7m程の場所に
アワビを発見したそうな、そこで親父が取りに潜ったんだと、
首尾よくアワビは取れたけど息がもう限界だった、
海底から7m上の海面まで急浮上したんだと、そしたら
あと少しで海面って時に頭の上に後輩が浮いてる、
親父 後輩に直撃、しかし空気が吸いたい親父は後輩を押しのけ
海面に頭を出し 息を吸おうとした瞬間、後輩の足に引っ掛かった
親父の水中眼鏡が海水を汲んだ状態で 大きく開けた口を直撃
空気を吸うはずが海水を飲んでしまい、本気で死ぬかと思ったそうな。

15 :名無し職人:03/05/01 00:04
>>12
アシダカグモってなに?


16 :暇人@名無しさん ◆joNtVkSITE :03/05/01 00:09
>>15
掌くらいあるデカイクモ、AA捜してくるからパソコンの前で待っといて。

17 :暇人@名無しさん ◆joNtVkSITE :03/05/01 00:17
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/kao/1026906684/-100
ここの>>7がアシダカグモ、ここまで大きくは無かったが
似たようなモンでした。AA貼ろうとしたけど大きすぎて駄目なんだそーです
ゴメン。

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)